Back to top
SANCTUARY

JABUTICABA

原点

ジャボチカバ(Myrciaria cauliflora (Vell.) O. Berg)はその自然の生息地の外ではほとんど知られていない、マートル科(Myrtaceae)の木で、南アメリカ最大の秘密です。巨大なブドウに似ており、木の幹の上を生育する様子はタコの触手のようで非常に面白いです。17世紀に初めて発見され、非常に傷みやすい性質が希少性の一因になっています。収穫後、ジャボチカバは7日以下しか鮮度を維持できません。ジャボチカバはアントシアニンと他のフェノール化合物のを有しているため、その抗酸化特性で注目されています。

ジャボチカバは1960年代に台湾で最初に蒔かれ、そして同じ年に福建省、浙江省、広東省、四川省、湖北省、広西省、江蘇省と雲南省に移転され植えられました。ジャボチカバはアジア、特に中国で進化しています。その理由としては、ジャボチカバが砂または豊かな表土などさまざまな種類の成長条件に適応可能なことが挙げられます。

栄養価

ジャボチカバは、その豊富な栄養価と健康上のメリットで有名です。このエキゾチックで最も希少な果実について、数十年に渡り、多くの名誉ある出版物や臨床研究が発表されてきました。この食用の果実は、内部の白いゼラチン状の肉を覆う、濃い紫色からほぼ黒色の表皮を有しています。

ジャボチカバはアントシアニンと他のフェノール化合物を含むため、その抗酸化特性で注目されています。 それはまた豊富なミネラル(カルシウム、リン、鉄)ビタミン、たんぱく質、繊維、ペクチン、タンニン、フラボノイドを含み、水分も多く含みます。

イノベーションによる価値

概要

WS JabuFarmは、世界で最も人気のあるジャボチカバの完全な供給元です。私たちはアジアで最も希少でエキゾチックなジャボチカバの果実の主要生産者です。私たちの、上品さをその特徴に持つWS JabuFarmは、南アメリカ人に何世紀にも渡って知られているのと同じ品質と味であなたをさらに興味深い旅路へと導きます. 私たちは初めにジャボチカバのメリットを広げた企業のうちの1社でした。私達は今日の一流の栄養補助食品、化粧品および機能性飲料の多くで使用されている最高品質の天然成分を製造しています。 私達は絶えず農業および生産の最新技術を研究し、採用しています。ジャボチカバは誰にでも知られている名前になるはずです

WS JabuFarmは、世界で最も人気のあるジャボチカバの完全な供給元です。私たちはアジアで最も希少でエキゾチックなジャボチカバの果実の主要生産者です。私たちの、上品さをその特徴に持つWS JabuFarmは、南アメリカ人に何世紀にも渡って知られているのと同じ品質と味であなたをさらに興味深い旅路へと導きます。

私たちの特色あるWS JabuFarmでは、多種のエキゾチックなジャボチカバの鉢を有しており、そこから商品を選ぶことができます。私たちのお客様には観葉植物として庭に植えるために鉢を購入される方もいれば、友人や親戚への贈り物としてだけでなく、家屋の保温や開店式のために利用する方もいます。

私たちは、品質、安全性、そして持続可能性において顧客の要求を重視した経営理念を遵守することに対して決して妥協しません。 当社のジャボチカバ果実は、認定された多国籍研究所、SGSによってテストされており、当社の果実は栄養価が豊富であり、最も重要なのは、殺虫剤と重金属が我々が独自の有機農法を使用しているために検出されないことが証明されています。

1

苗木

ジャボチカバ の成長は非常に遅いです。 果樹は8〜15歳まで実をつけません。木は、株立ちの常緑樹です。 幹や枝に美味な果実がなります。枝に直接実がなる木を幹生花と言います。それは芽や枝先ではなく、主な茎や木の幹から花や実をつける植物を指す植物学用語です。

ジャボチカバ が成熟すると、花が咲き始め、魅力的な姿になります。 幹や枝には何百もの小さな白い花が咲きます。木は年に5、6回実を結ぶことがあります。果物は採れたてのものが食されます。

2

常緑樹の対生葉で、槍形から楕円形、長さは1〜4インチ、幅は1/2〜3/4インチです。色は、革のような質感を持つ光沢のある濃い緑色です。サイズ、形、質感は、種によって多少異なります。

3

果実

ジャボチカバの果実は見た目と質感はぶどうの様ですが、厚く、堅い表皮をしています。ジャボチカバの果実は濃い紫色からほぼ黒色です。
ゼラチン状の白っぽいパルプは1〜4個の小さな種子を含んでいます。果実は、地上から幹や主要な枝の至るところに、単体でもしくはまとまって実り、最大で年に5回実を結びます。 柔らかで甘いぶどうのような果実は主に秋の間に成熟します。果実は抗酸化物質が豊富で、生で食べることも、ジャム、ゼリー、ジュース、ワイン、リキュールにすることもできます。

4

花は幹と主要な枝に、熱帯ブドウのような美味な果実から発芽します。ジャボチカバの花は白くふわふわしており、夏の開花のピークシーズンに茎が花で覆われた様子は驚くべきものです。花は蜂蜜を作るための主な原料です。

TREE

樹木の手入れ

この素晴らしい果実を世界と共有するために、私たちはジャボチカバをあなたに身近なものにするために持続可能な有機農法を生み出しました – その品質と味は南アメリカ人の間で何世紀にも渡り受け継がれてきたものと同じです。
これらの木のほとんどは種子から繁殖します。それらは、親個体の果実と同じくらい良質で、同じ特徴を示します。苗木は実を結ぶまでに平均8〜10年を要します。まれに、3年で実を結ぶこともあります。

FARMING

私たちの有機農法

土壌を育てる成分を含んだ天然有機肥料。

植物園での若いジャボチカバの栽培

 ジャボチカバの栽培と成長のための気候制御システムを備えた近代的な水耕温室または温室

 大農場に植え替える前に、2年未満の若い植物には温室での開放噴霧灌漑を利用

オープンエリアに植え替えた若い個体にはオープンスプリンクラーおよび水平灌漑を利用

天然の肥料として加工された卵殻とピーナッツを使用

HARVEST

収穫

ジャボチカバの果実は十分に色づきやや柔らかくなった段階で収穫が可能になります。果実が室温で貯蔵できるのは3〜4日以内です。果実は収穫後できるだけ早く冷やす必要があります。木から収穫し、農場の小さなクーラーに直接保管することで、保存期間を延ばすことができます.

PACKING

パッキング

私たちはジャボチカバの新鮮な果物を市場に向けてパッキングします。私たちは大切な顧客に対して、食の安全と品質保証を国内外で確実にします。 私達は滅菌保護包装を利用して安全に商品を出荷します.

JABU

製品ラインナップ

私達は自社の能力を十分に活用することによって、強力な製品ラインナップを構築するための努力を続けています.

1

苗木

ジャボチカバ の成長は非常に遅いです。 果樹は8〜15歳まで実をつけません。木は、株立ちの常緑樹です。 幹や枝に美味な果実がなります。枝に直接実がなる木を幹生花と言います。それは芽や枝先ではなく、主な茎や木の幹から花や実をつける植物を指す植物学用語です。

ジャボチカバ が成熟すると、花が咲き始め、魅力的な姿になります。 幹や枝には何百もの小さな白い花が咲きます。木は年に5、6回実を結ぶことがあります。果物は採れたてのものが食されます。

2

常緑樹の対生葉で、槍形から楕円形、長さは1〜4インチ、幅は1/2〜3/4インチです。色は、革のような質感を持つ光沢のある濃い緑色です。サイズ、形、質感は、種によって多少異なります。

3

果実

ジャボチカバの果実は見た目と質感はぶどうの様ですが、厚く、堅い表皮をしています。ジャボチカバの果実は濃い紫色からほぼ黒色です。
ゼラチン状の白っぽいパルプは1〜4個の小さな種子を含んでいます。果実は、地上から幹や主要な枝の至るところに、単体でもしくはまとまって実り、最大で年に5回実を結びます。 柔らかで甘いぶどうのような果実は主に秋の間に成熟します。果実は抗酸化物質が豊富で、生で食べることも、ジャム、ゼリー、ジュース、ワイン、リキュールにすることもできます。

4

花は幹と主要な枝に、熱帯ブドウのような美味な果実から発芽します。ジャボチカバの花は白くふわふわしており、夏の開花のピークシーズンに茎が花で覆われた様子は驚くべきものです。花は蜂蜜を作るための主な原料です。

TREE

樹木の手入れ

この素晴らしい果実を世界と共有するために、私たちはジャボチカバをあなたに身近なものにするために持続可能な有機農法を生み出しました – その品質と味は南アメリカ人の間で何世紀にも渡り受け継がれてきたものと同じです。
これらの木のほとんどは種子から繁殖します。それらは、親個体の果実と同じくらい良質で、同じ特徴を示します。苗木は実を結ぶまでに平均8〜10年を要します。まれに、3年で実を結ぶこともあります。

FARMING

私たちの有機農法

土壌を育てる成分を含んだ天然有機肥料。

植物園での若いジャボチカバの栽培

 ジャボチカバの栽培と成長のための気候制御システムを備えた近代的な水耕温室または温室

 大農場に植え替える前に、2年未満の若い植物には温室での開放噴霧灌漑を利用

オープンエリアに植え替えた若い個体にはオープンスプリンクラーおよび水平灌漑を利用

天然の肥料として加工された卵殻とピーナッツを使用

HARVEST

収穫

ジャボチカバの果実は十分に色づきやや柔らかくなった段階で収穫が可能になります。果実が室温で貯蔵できるのは3〜4日以内です。果実は収穫後できるだけ早く冷やす必要があります。木から収穫し、農場の小さなクーラーに直接保管することで、保存期間を延ばすことができます.

PACKING

パッキング

私たちはジャボチカバの新鮮な果物を市場に向けてパッキングします。私たちは大切な顧客に対して、食の安全と品質保証を国内外で確実にします。 私達は滅菌保護包装を利用して安全に商品を出荷します.

JABU

製品ラインナップ

私達は自社の能力を十分に活用することによって、強力な製品ラインナップを構築するための努力を続けています.

WhatsApp chat